Home

ミリ波レーダーとは

ミリ波レーダーが今とても自動車産業で注目されています。ミリ波レーダーというのは、自動車の周辺を探知するもののことです。よって、このミリ波レーダーで自動車周辺の歩行者や自転車などを探知して、未然に事故を防ぐことも可能となるというわけです。

ミリ波レーダーを自動車に搭載すれば、自動車の「目」として役立てることができます。他の車が近付いてきた時の車間距離を高精度で測ることも可能です。これによって、接触事故を防ぐことができます。

また、自動車の前方や後方にミリ波レーダーを取り付けた場合、前方と後方の車間距離が詰まって危険な状態になってしまってもすぐに分かります。警報を出してドライバーに知らせることができるようになっているのです。ものによっては、ミリ波レーダーとブレーキを連動させている場合もあり、ブレーキと連動していればより確実に衝突事故を防ぐことができて便利です。

実際に、ミリ波レーダーはどんどん高精度に開発が進んできています。一部、実用されているものもありますが、まだまだ世間的に使用されているわけではありません。

しかし、将来的には誰もが利用できるように実現化が進んできています。誰もが安心して利用できるようにするために、いろいろな実験も必要です。安全性が確実に確認されるようになるまで何度も実験を試みて、万全な状態になることが期待されているところです。

ミリ波レーダーが普通に利用されるようになれば、自動車における交通事故がどんどんなくなるはずです。世の中は車社会となりつつあり、特にトラックの夜間走行による事故は後を絶ちません。トラック買取の仕事をしている友人に話を聞いたところ、トラックで事故をしてしまうと重量が重いことから事故したトラックだけではなく周りの車も巻き沿いにしてしまうのでとても危ないそうです。そのため早急にミリ波レーダー搭載の自動車を世の中に利用してもらえるような環境づくりが必要です。今後、ミリ波レーダーの需要が高まることも推測できます。

ミリ波レーダーのメリット

ミリ波レーダーはクルマの衝突事故を予防するための1つの方法として考案され、すでに一部のクルマで実用化されています。そのミリ波レーダーの衝突予防方法ですが、これはクルマの前面にミリ波の電波を出す小型の装置を搭載しておいて、そこから電波を出して周囲に危なそうなのがあるかないかを判断して危険を知らせる機能です。

このミリ波レーダーの特徴の1つは耐天候性の高さです。クルマを運転する場合。いつも同じ天候ではなく雨の日も雪の日もカミナリの日もあるわけですが、天候に左右されるような特に低い周波数の電波では安全装置として使い物にならないからです。

また近隣の建物や設備などから発するノイズにも左右されない周波数帯である必要があります。例えばオフィス街を走行する時はビジネスホンの電話回線やパソコンのインターネット回線から無数のノイズが発せられます。そのため天候や人工ノイズに左右されない周波数帯の電波が必要になるのですが、ミリ波レーダーでは2つの周波数帯の電波、すなわち77GHz帯と24GHz帯の非常に高い周波数の電波を使用しているのです。

なぜ2つの周波数帯で使われているかというと天候に左右されにくい点ではどちらも共通しているのですが、他の点で一長一短があるためであります。つまり24GHz帯では50メートル以下の近距離や広範囲の角度検出では強みがあるのに対して50メートル以上の中距離ではあまり得意ではない一面があるのに対して、77GHz帯では20メートル以下の近距離では逆にあまり精度が高くないのに対して50メートル以上では24GHz帯よりも精度が高いので2つの周波数帯で使われているのです。

新着情報(2014年2月13日リニューアルオープン!)
世田谷自動車学校 Goonet HONDA
世田谷自動車学校 Goonet HONDA
これから免許を取りたいという方におすすめ。親切で丁寧なことは当たり前。きれいな校舎でサポートも充実しています。 カーといえばグーでおなじみ、Gooのクルマ・ポータルサイトです。タイプやメーカー、お住まいの地域ごとに検索可能で便利です。 ホンダの安全性能詳細ページです。ミリ波レーダーなどの説明も図解入りで分かりやすく紹介しています。